COMPANY

PAGE TOP

BLOG

「KSKインテグレーション」初開催!

こんにちは。KSKアナリティクス広報・マーケ担当の土金です。

先週、11月2日(金)に「第1回 KSKアナリティクス社内インテグレーション」を行いました。
会場は大阪本社、東京メンバーはWebからの参加となりました。

この半年で、弊社の社員は急速に増え、組織として次のステップに進んでいます。
私、土金もその一人でして、自分の所属している部署や仕事内容は把握しているけれど、全社の仕組みや取り扱っている製品、他部署の仕事内容がよく分からない・・・・知りたいけれど個別に聞くのは大変だし・・・と思っていた矢先のこの企画。
全社員の意識統一、士気を高める意味でも非常に良い試みだと思いました。

社内インテグレーションのテーマは「1時間でまるっとKSKアナリティクスを知る」です。
代表、データサイエンス本部、ビジネステクノロジー本部、管理本部の4セクションが各15分ずつの持ち時間に各々のスタイルで発表を行いました。

まずは代表 森本からKSKアナリティクスのミッション、ビジョン、バリューが発表されました。

KSKアナリティクスのミッションは
【K】:お客さまに「感動」を与え、
【S】:社員が「成長」し、
【K】:コミュニティや地域に「貢献」する
こちらはKSKアナリティクスの社名の由来にもなっています。
世界中の優れたアナリティクス製品やサービスを日本のお客様が使えるようにしたり、日本の優れた分析技術やアルゴリズムを世界に送り出すこともミッションに掲げています。

一番印象的だったのが、社員一人一人は、同じ船(会社)に乗る乗組員だということ。
代表 森本の熱い思いを改めて聞き、チーム一丸となって、大海原を航海しながらKSKアナリティクスのビジョンである【Data Analysis for Everyone! 誰もがデータ解析を活用できる社会へ】を目指して邁進する姿を以前よりも具体的にイメージできるようになりました。

次はデータサイエンス本部の発表です。
データサイエンス本部では、世界中で最も使われている機械学習ツール「RapidMiner」と自社開発ツール「KSKP」を取り扱っています。
本部長の北島より、今期の売上予想、所属社員紹介の後、「RapidMiner」の特徴、導入企業、セミナー・トレーニングの状況が発表されました。
「KSKP」はIoTデータ分析に特化したプラットフォームで、自社プロダクトです。
2018年9月のリリースから非常に好評で、現在進んでいるプロジェクトの状況も発表されました。

続いて、ビジネステクノロジー本部の発表です。
ビジネステクノロジー本部では、【データ活用をすべての企業の文化にする!】をビジョンに掲げ、ビジョンを遂行する上で必要となる「仕組み化」に日々力を注いでいます。
本部長の久保田より、取り扱い製品のデータ統合ツール「Pentaho」、CPMツール「Jedox」、BIツール「Looker」の紹介、所属社員の紹介、サービスラインナップの拡充を進めている状況が発表されました。

最後は管理本部です。
組織の縁の下の力持ち的な存在である管理本部には本部長の山田を筆頭に、5人の社員が所属しています。
今回は5人の社員全てが登壇し、それぞれの仕事を発表しました。
外部からは分かりにくい管理本部の様子を知ることができたのは収穫でした!

私は東京からWebでの参加となりましたが、日常メールや電話でやり取りしている大阪メンバーと顔を見合わせることができて、一気に距離が縮まりました!
「顔を見て話す」というのはとても大事なことですね。
終始和やかな雰囲気で、時に笑いあり、第1回目の社内インテグレーションは無事にお開きとなりました。

KSKアナリティクスは引き続き「Data Analysis for Everyone! 誰もがデータ解析を活用できる社会へ」を目指して次々と進化していきます!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

$$ \begin{aligned} \newcommand\argmin{\mathop{\rm arg~min}\limits} \boldsymbol{\beta}_{\text{ridge}} & = \argmin_{\boldsymbol{\beta} \in \mathcal{R^p}} \biggl[ ||\boldsymbol{y}-\boldsymbol{X\beta}||^2 + \lambda ||\boldsymbol{\beta}||^2 \biggr] \\ & = (\boldsymbol{X}^T\boldsymbol{X} + \lambda\boldsymbol{I_{p+1}})^{-1}\boldsymbol{X}^T\boldsymbol{y} \end{aligned} $$
PAGE TOP