COMPANY

PAGE TOP

BLOG

これまで10年、これから10年

2021年末に際し、少し高く長い視点から見てみると、
今年はこれからのトレンドが明確になった年と感じます。

これまで2010年〜2020年は「データ」が主役でした。
Data is next oilと言われ、2012年〜ビッグデータ、
2016年〜AI、データサイエンス、2018年〜DX、など、
新たなキーワードと共に新産業・新職種も生まれました。
グローバルにはデータを制したGAFAMが絶頂を極めました。

これから10年、2021年〜2030年も「データ」は重要な
テーマであり続けると思いますが、新たなトレンドが
近年明確になりつつあります。

それは、以下のようなキーワードです。
SDGs、ESG、循環型社会、カーボンニュートラル 、
パラダイムシフト、ポスト資本主義、リベラルアーツ

2011年にRapidMinerを見つけパートナー契約をしました。
2012年にJedoxを紹介されパートナー契約をしました。
いずれもほぼ10年前です。
当時今日のようなビジネス成長まで予測できませんでしたが、
確実に今後のメインストリームになる片鱗はありました。

同じような潮目がまさに2020年代初頭にきていると感じます。
そしてこの潮目は単純に10年のトレンドを指すものではなく、
もっと深淵なテーマを感じます。
なぜなら持続可能社会に向かう中で、本質的な問いを突き
つけられるからです。
・なぜ国、社会、個人は成長しないといけないのか?
・企業は誰のために利益を出すのか?
・人は何のために働くのか?
・何のために生きるのか?

KSKアナリティクスのビジョンは、
「Data Analysis for Everyone!」であり、
これを体現する製品サービスを提供してきました。

ただ我々だからこそできる上記ビジョンをベースにした
新たな役目も感じています。それはデータ分析を通して
地球と循環型社会に貢献し、人類のより良い未来に協調
することです。

カーボンニュートラルを始め当社としてできる取組みを
来年以降少しずつ具現化して行きたいと思います。

森本好映
KSKアナリティクス

【KSKアナリティクスのMVV】
***********************
ミッション(目的・使命・存在意義)
K:お客様に「感動」を、
S:自らに「成長」を、
K:社会に「貢献」を

ビジョン(実現目標・ゴール)
Data Analysis for Everyone!
誰ものが当たり前にデータを分析活用する社会

バリュー(メンバーの核となる価値観)
Professional (プロフェッショナル)
Team Worker (チームワーカー)
Leader (リーダー)
Giver (ギバー)
***********************

$$ \begin{aligned} \newcommand\argmin{\mathop{\rm arg~min}\limits} \boldsymbol{\beta}_{\text{ridge}} & = \argmin_{\boldsymbol{\beta} \in \mathcal{R^p}} \biggl[ ||\boldsymbol{y}-\boldsymbol{X\beta}||^2 + \lambda ||\boldsymbol{\beta}||^2 \biggr] \\ & = (\boldsymbol{X}^T\boldsymbol{X} + \lambda\boldsymbol{I_{p+1}})^{-1}\boldsymbol{X}^T\boldsymbol{y} \end{aligned} $$
PAGE TOP