COMPANY

PAGE TOP

NEWS

【ニュースリリース】セルフ型のデータ前処理分析プラットフォーム「KSKP」を「StreamCat」として無償公開を決定

〜現場でのデータ分析活用の長期継続的な推進を支援〜

株式会社KSKアナリティクス(本社:大阪府大阪市西区、代表取締役:森本 好映)は、自社開発のデータ前処理分析プラットフォームKSKPを、2022年春に提供予定の最新版を「StreamCat」に改称しオープンソースとして無償で公開することを決定しました。

機械学習のためのデータ前処理は複雑で煩雑であるため、分析者や開発・運用などの関係者に高い負担を強いています。
KSKPは、分析業務の専任者ではないユーザー層においてもデータ前処理を実践することを支援するために開発されました。


KSKPでの前処理プロセスのイメージ
<KSKPでの前処理プロセスのイメージ>

社内で草の根的なデータ分析活用を普及していく上では、小さく初めて長く継続して発展させることが成功の鍵となります。しかしながら、複雑で煩雑なデータ前処理は、誰もが小さく始めること、長期継続で発展させる上で壁となっているのが現実です。
そこでデータ活用を長期継続的に発展させたいユーザの支援を目的として、KSKPを無償のオープンソース(StreamCatへ改称)として公開することを決定しました。

■背景
DXを実現する手段として、機械学習を活用した業務改革を行う能力を、社内へ普及させる取り組みが増加しています。分析業務の専任者だけではなく、最終的に社内の誰もが活用できることを目指して、Pythonなどのプログラミング言語の習得や、AutoML(自動化された機械学習)の活用により普及させるなどが行われています。

しかしながら分析業務の専任者だけから、社内の誰もが活用へと使用者の拡大につれて、現場でのデータ前処理の実装が難しい、実装できても事実上ブラックボックス化してしまうといった問題に直面する恐れがあります。

KSKPでは、データ前処理に関する余分な労力を削減し、分析者と開発・運用などの関係者の心理的なプレッシャーを下げて機械学習活用への挑戦意欲を高めて活性化させることを狙いとした対処策を採用しています。

<対処策>
・関係者が理解容易で処理内容が透明な、前処理のプロセスを作成する
・作成した前処理プロセスは、運用性に優れている
・作成した前処理プロセスを、簡単に他のユーザーへ共有部品として提供できる
・ユーザーが自発的で簡単に、他のメンバーとの共同プロジェクトを始められる

<対処策の機能>
・セルフ型のノーコードによるデータ前処理プロセスの作成機能
・自動的にパイプライン処理として高速に実行するエンジン機能
・セルフ型の共有部品の作成機能
・セルフ型のプロジェクト管理機能

■オープンソースの提供
オープンソースの公開は、2022年春を予定しています。
オープンな開発体制により、長期継続的な機能の充実を図ります。

アプリ名称: StreamCat (KSKPより改称予定)
ライセンス: AGPLv3

■KSKPについて
KSKPは、組織的な連携、高速な実行性による運用システムの開発、分析業務の専任者ではないユーザー層での前処理の実現の手段として、「誰もが当たり前にデータを分析・活用できる」を支援する機械学習のための前処理プラットフォームです。

KSKPのエンジンには“NYSOL(ニソル)”を活用しています。NYSOLは文部科学省所管の国立研究開発法人である、科学技術振興機構CRESTの研究課題(グラント番号:JPMJCR1401)で開発された技術です。

KSKP紹介:https://www.kskp.io/
NYSOL紹介:https://www.nysol.jp/

■KSKアナリティクス 会社概要
KSKアナリティクスは「Data Analysis for Everyone! ~誰もが当たり前にデータを分析・活用できる社会を作る~」のビジョンのもと、2006年の創業以来、グローバル製造業を中心に様々な企業にデータ分析環境の構築、導入支援/分析コンサルティング/データ分析人材の育成支援等を行っています。

https://www.ksk-anl.com/

PAGE TOP